09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

福島に行ってきました(その2)

2015.10.27 (Tue)

10月22日(木)から10月23日(金)の1泊2日で
福島へ研修旅行に行ってきました。
今回は取引き先の酒造メーカーや食品会社訪問が多かったため
あまり観光地には行けなかったのですが
その中から喜多方、熊野神社・長床、湯川村にある勝常寺
猪苗代町の士津神社(はにつじんじゃ)を紹介します。

喜多方、熊野神社・長床のいちょうはまだ早く緑色。
いちょうで埋め尽くされる境内は11月中旬頃からが見頃です。
喜多方市内への観光を計画している方には是非、足を運んでいただきたい場所です。
車がないと不便な場所なので電車で喜多方へ行かれる方は
駅前からタクシーを利用してください。
湯川村の勝常寺。
予約制です。
国宝3体は中が暗く、御坊さんが懐中電灯で照らしながら説明してくれます。
こちらも車がない方は磐越西線笈川駅からタクシー利用となります。
猪苗代町の士津神社は陸奥会津藩初代藩主・保科正之を祀っており
江戸時代後期から明治時代初期に流行した藩祖を祀った神社のひとつです。
今回まわったところでは紅葉が一番きれいでした。
JR猪苗代駅から歩くと40分かかるので、タクシー利用が便利です。

そして宿泊は会津金山町の玉梨温泉、恵比須屋旅館。
9月の集中豪雨の影響で露店風呂の湯がぬるかったのが少し残念。
それでもアットホームな感じと紅葉がライトアップされ味わい深い旅館でした。

話は戻ります。1日目は西郷村の林養魚場で昼食をとりましたが
メープルサーモン、にじますのフライがおすすめです。
つりぼりもあり、そばには阿武隈川が流れています。
車で白河から大内宿へ行く際は、昼食を兼ねて立ち寄るのもいいかと思います。

2日目、旅館を出発して只見川沿いに会津金山から柳津まで車を走らせましたが
川沿いのあの風景は言葉では言い尽くせません。
今でも忘れられないです。

喜多方熊野神社
DVC00542.jpg
DVC00539.jpg

磐梯町士津神社
DVC00567.jpg

皆様も素敵な景色を求めて、福島へどうそお越しください。
スポンサーサイト
20:14  |  ●スタッフが福島へ行ってきました!  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

福島に行ってきました(その1)

2015.10.26 (Mon)

10月15日(木)から10月16日(金)の1泊2日で
駆け足でしたが、福島の紅葉エリアと観光スポットをめぐってきました。
2日間の行程ですが
1日目は東北新幹線で福島駅へ
福島駅からは車で高湯温泉を通り
磐梯吾妻スカイライン・レークライン経由で
裏磐梯に向かいました。
五色沼入口、檜原湖畔、道の駅・裏磐梯と回り
喜多方のほまれ酒造さんへ。
そして最後は柳津町の圓藏寺。
宿泊は東山温泉、新滝です。
2日目は
飯盛山からスタート。
さざえ堂、会津もめん工場を見学して
芦ノ牧温泉駅へ。
大内宿の雰囲気を楽しんだ後は
湯野上温泉の趣のある駅舎に行きました。
会津田島の祇園会館を見学して
会津田島で昼食。
午後はマネージャーにブリティッシュヒルズを案内していただき
観光の最後は白河、小峰城で締めくくりです
帰りは新白河駅から東北新幹線で帰京しました。

以上が2日間の行程ですが
今回、感じた事は
「百聞は一見にしかず」の言葉。
テレビの旅番組やガイドブックではなく
自分の目で見て感じた事、感動した事が
旅行の醍醐味ではないかと思います。
そして一番よかったところは紅葉です。
天候もよく、磐梯吾妻スカイラインからの紅葉は
JRの駅ポスター「秋は紅葉 de SHOW」と同じ
あのままの風景が広がっており、本当に感動しました。
旅行の楽しみの一つ、夕食は新滝さんの郷土料理を盛り込んだ和懐石料理で
味、量とも十分で大満足です。

他、旅の思い出はたくさんあり尽きませんが
五色沼の毘沙門沼伝説の「幸せを招く鯉」を見れた事。
あわまんじゅうで有名な小池屋さんでの出迎え。
白虎隊の悲話。
大内宿の散策。
英国の雰囲気が漂うブリティッシュヒルズなど
どれもこれも今回、福島研修で見てきたことを
皆様への観光案内に役立てればと思うしだいです。

裏磐梯の紅葉
IMG_20151015_132408.jpg
IMG_20151015_130250.jpg

大内宿
IMG_20151016_112548.jpg

福島は温泉、風景、人、食事とどれをとっても最高です。
皆様も福島へ旅行に行ってみませんか。

08:32  |  ●スタッフが福島へ行ってきました!  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

福島県アンテナショップ3館共通商品券の販売・利用期間が延長になりました。

2015.10.24 (Sat)

福島県アンテナショップ3館共通商品券の
販売・利用期間が延長になりました。
平成28年2月29日まで有効です。
すでに商品券を購入されている方で
平成27年11月30日までの商品券も
平成28年2月29日まで有効です。
5,000円で7,000円分のお買い物。
年末・年始、福島県産の商品購入を考えている方には
非常にお得です。
この機会に、是非、どうぞ。
福島県八重洲観光交流館で
好評、販売中です。
詳しくはこちら

http://www.fuku-antena-ticket.com/
09:38  |  ●当館からのお知らせ  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

食欲の秋 福島県産食品 ご賞味ください。

2015.10.22 (Thu)

食欲の秋。
福島県八重洲観光交流館では
会津産コシヒカリの新米を始め
いか人参、にしんの山椒漬け、こづゆなどの郷土料理
味噌
漬け物
喜多方ラーメン
そば
福島の銘菓各種など
福島県産食品を多数用意しています。
皆様の食卓に是非、どうぞ。
15:26  |  ●福島の美味しいもの  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

おのざき ソフト揚げかま 好評販売中!

2015.10.20 (Tue)

三万石のままどおるに次ぐ人気商品
おのざきのソフト揚げかま。
そのまま食べてもよし。
焼いてよし。
いろんな食べ方がある中で
おでんに入れてたべるとおいしいですよ。 
これから
おでんがおいしくなる季節にはピッタリです。
是非、ご賞味ください。
税込580円。
RIMG2265.jpg
15:34  |  ●福島の美味しいもの  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

2015年10月17日 ふくしま大交流フェアー出展しています!!

2015.10.17 (Sat)

東京国際フォーラムで
ふくしま大交流フェアーが開催中です。
本日は17:30まで。
福島県八重洲観光交流館も出展しています。
グルメコーナー
体験コーナーや
出展団体も多数です。
是非、この機会に
足を運んでみてください。
RIMG2264.jpg
RIMG2263.jpg
12:21  |  ●首都圏の福島県に関するイベント  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

ふくしま手帳10月17(土) 発売!

2015.10.16 (Fri)

発行から6年目を迎え
情報も内容もさらにパワーアップした
「ふくしま手帳2016」。
ふくしまネタ366日
ご当地ネタの現場
お楽しみ付録
「クイズ福島王」など
もりだくさんです。
定価1,080円(税込)
福島県八重洲観光交流館で
ふくしま手帳10月17(土) 発売します。
RIMG2262.jpg


17:53  |  ●入荷のお知らせ  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

2016福島県民手帳、販売中!

2015.10.14 (Wed)

今、福島県八重洲観光交流館では
2016福島県民手帳を販売しています。
税込500円。
月間ダイアリー、週間ダイアリーや
全国から見た福島県の統計データ
日常生活に役立つ便覧など
コンパクトなのに内容充実です。
RIMG2261.jpg
くわしくはこちら

http://www.pref.fukushima.lg.jp/sec/11045b/hanpu2015.html
14:46  |  ●当館からのお知らせ  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

福島産桃使用 桃の甘酢漬け「ほんのりピーチ」ご賞味ください

2015.10.12 (Mon)

情報誌「日経トレンデイー」の今月号。
ぜんこくの旨いもので、福島からは
桃の甘酢漬け「ほんのりピーチ」
が紹介されています。
福島産桃を使用し
昔ながらの自然な作り方で
さっぱりした甘酢漬けに仕上がっています。
桃の香りと
パリパリの歯ざわりをお楽しみください。
税込648円で販売中です。
RIMG2260.jpg
詳しくはこちら

http://www.mizuhofoods.com/
15:16  |  ●テレビ/雑誌などで紹介された福島のもの  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

2015年10月17日(土)ふくしま大交流フェアーに出展します。

2015.10.10 (Sat)

2015年10月17日(土)
東京国際フォーラム 展示ホールで
ふくしま大交流フェアーが開催され
福島県八重洲観光交流館も出展覧します。
11:00~17:30まで。
入場は無料です。
スパリゾートハワイアンズダンシングチーム特別公演のほか
さまざまなイベントがいっぱいです。
皆さまの来場、お待ちしております。
くわしくはこちら

http://www.fukushima-daikoryu.jp/
15:42  |  ●首都圏の福島県に関するイベント  |  Trackback(0)  |  Comment(0)
 | HOME |  NEXT